グリーンズレッジが三井住友信託銀行の出資受入

2017年11月6日

グリーンズレッジ・ホールディングスLLC(以下「グリーンズレッジ」)は、同社持分の20%相当に相当する無議決権優先株式を三井住友信託銀行に売却することに合意しました。

全文はこちらをクリックしてください


CLO市場が業界一と認めたグリーンズレッジが最優秀賞を勝ち取る

2016年11月10日

(Creditflux)

昨晩、CLO投資家とCLOマネージャーが業界一を選ぶ投票結果が主催者であるCreditfluxから発表され、グリーンズレッジは最大の勝者の1つとなった。ニューヨークに拠点を置く同社はCLOストラクチャリング部門で最優秀賞に輝き、同社の共同設立者であるジム・ケイン氏は2009年の設立から今回の成功に至る道のりを強調した。

「我々はCLOのウェアハウズを行っておらず、市場大手のアレンジャーでもありません。すなわち我々は、独自のソリューションの提案と顧客に最大の満足を提供することにより顧客から敬意を得なくてはなりません。我々の全顧客に感謝したいと思います。」とケイン氏は受賞に際してコメントしました。


レミアスとグリーンズレッジ・キャピタル・マーケッツが日本関連業務で提携

2012年10月21日

カウエン・グループ・インク(米NASDAQ市場 “COWN”:以下「カウエン」)傘下でグローバル・オルタナティブ投資運用を行っておりますレミアスLLCは、グリーンズレッジ・キャピタル・マーケッツLLCおよびその関連会社であるグリーンズレッジ・アジア・リミテッド(以下、総称して「グリーンズレッジ」)との間で、日本における業務提携に合意したことを本日発表しました。


グリーンズレッジはロンドン事務所を開設し、欧州事業を拡大

2012年9月10日

グリーンズレッジは本日、欧州市場における事業を拡大するために、グリーンズレッジ・キャピタル・マーケッツ・リミテッドを設立したと発表しました。同時に、ジョン・コンベリー氏(John Convery)をマネージング・ディレクター兼欧州投資銀行部門ヘッドとして、またポール・レヴィー氏(Paul Levy)をマネージング・ディレクターとして任命しました。グリーンズレッジは彼らを中心として欧州事業を拡大し、資本市場におけるアドバイスをはじめ、様々なサービスを提供してまいります。


ゴールデンツリー・アセット・マネジメントとグリーンズレッジ・アジアが提携

2012年8月22日

ゴールデンツリー・アセット・マネジメントLP(以下「ゴールデンツリー」)は、グリーンズレッジ・キャピタル・マーケッツLLCおよびその関連会社であるグリーンズレッジ・アジア・リミテッド(以下、総称して「グリーンズレッジ」)との間で、日本における業務提携に合意したことを本日発表しました。


証券化のベテラン、ウォームザーとパウワーがグリーンズレッジに入社

2011年7月13日

ケン・ウォームザー氏(Ken Wormser)とデイビッド・パウワー氏(David Powar)が、マネージング・パートナーとしてグリーンズレッジ・キャピタル・マーケッツに入社しました。 両氏は2003年以降、ナティクシス・ノース・アメリカでCLOおよびクレジット・ソリューション事業を率いていました。また、ウォームザー氏はグローバル証券化投資銀行業務の責任者でもありました。 ウォームザーとパウワーの両氏は、ブライアン・ザイトラン(Brian Zeitlin)とジム・ケイン(Jim Kane)(グリーンズレッジの共同創設者)と共に、当社経営委員会に加わります。


グリーンズレッジは東京事務所を開き、アジアに拡大

2010年10月6日

グリーンズレッジ・キャピタル・マーケッツは本日、アジアの市場での事業拡大のためにグリーンズレッジ・アジア・リミテッド東京支店を設立したと発表しました。グリーンズレッジ・アジアに西野郁氏が取締役東京支店長として加わり、資本市場に関する助言ソリューソンを提供する責任を持つと共に、東京オフィスから取引執行を統率する役割を果たします。西野氏は直近、J.P.モルガン東京支店においてマネージング・ディレクター兼債券セールスのヘッドであり、主要な機関投資家とのリレーションの責任者でした。西野氏は、アジア、欧州、米国における主要な企業、銀行、資産運用会社、ヘッジファンド、プライベート・エクイティ・ファンド業界で幅広いネットワークを構築しています。